井伊直孝所用型



井伊直孝所用型

誇り高き井伊の赤備え戦場でひときわ目を引く赤い甲冑の軍団「赤備え」は、特に武勇に秀でた武将が率いる精鋭部隊の象徴であったと言われています。その発祥は甲斐武田軍団と言われていますが、徳川家において常に先陣を務めた井伊家もまた赤い甲冑で統一していました。
第二代藩主の井伊直孝の所用と伝えられる赤漆塗の甲冑は、後の井伊家代々の甲冑の基準となった名品です。これを現代の彦根に受け継がれた伝統技術で、可能な限り忠実に再現しました。
鉄板と鎖部は漆塗、兜についた二本の角は本金箔押し、錺金具は鍍金。無用な装飾を排除し実戦に即したその佇まいは、甲冑本来の優美さをたたえています。また、総重量は20kg程度に抑えておりますので、実際の着用も可能です。このウェブサイトに掲載している写真は試作品です。実際の甲冑はより忠実に本来の形を再現しています。
価格表を見る